アルタマール|フランス輸入雑貨、ヴィンテージ、アジアン雑貨

サジュー|再入荷!刺繍用ハサミ Sajou - S ホワイトステッチ、レース、繊細な小物作りに。 (ありがとうございます。売り切れました。)

0円(内税)




じっくり刺繍に取り組む最適な季節となりました。春までに仕上げたいモチーフに取り組めば、長い冬があっという間に楽しい時間に変わります。

刺繍をするのに一番大切なのは、モチーフ選びと質の良いハサミです。ハサミなんて何でも同じと思っていた過去は、サジューのハサミを使ったなら変わります。細かい場所にぴったり寄り添い、鋭く狙った場所を一度でスパッと切るたび爽快な気分が味わえます。

アンティークリネンのゴワゴワした質感に、丁寧に刺した輝くような糸目のホワイトステッチのイニシャル。このフランスから取り寄せたベットシーツを作る時は、どんなハサミを使っていたのでしょうか。

サジューのハサミは実用性はもちろんの事、艶やかなモダンな材質とクラシックな伝統的なデザインは、使えば使うほど道具に美しさも求めたデザイナーの魂に人間として尊敬の念が増してゆきます。糸を切るための道具でしかないハサミを芸術品に磨き上げたフランスの歴史があり、さらに実用性のある美しい道具にした現代の技術が、力強く融合した小さな世界だったと気づいたのは最近のこと。贅沢品として飾る人もいるかもしれませんが、使ってこそ価値が分かります。

刺繍の世界は奥が深く、時間の余裕もなければとても刺繍なんてやる心の余裕がなかった現代社会。気づけば家にいる時間が長く、昔より手が届く値段で何もかも売られているのに、失ったのはモノを作る心。

サジューの歴史を辿り、19世紀初頭の貴族社会を知り刺繍やレースの歴史も調べると壮大なドラマの中に迷い込んだ旅人になりました。商品説明をするのも一苦労です。当時は王侯貴族のために、豪華な刺繍やレースを作るための専門のメイドさんが日夜、精魂を削って芸術品を作っていたことを知り、フランスで見つけたアンティークのサテンステッチのベッドリネンをお披露目する事にしました。

機械では出せない味わいの手縫いのハンドメイド刺繍は、いつまでも見ていられるほどの完成度。機械刺繍で似たデザインも手にしましたが、平面的で人の心が感じられないからか心に響きません。美しい形の模倣だけでは飽きてしまうのです。既製品はあえて飽きさせるために、様々なデザインを世に送り、人々の心を楽しませてくれたのですが、それだけでは何かが足りないような気がします。

そんな時、世間のせいにするか、自分の手を動かしてみるかで世界の見え方が変わりました。手にして本物の作品を見ながら、一本の糸と針で、真っ直ぐに白い布に描くことの凄さに圧倒され続けています。こんなシンプルな道具で、考えつくされたデザインがあれば美しい芸術品になる素晴らしさ。

貴族趣味だと笑う人は、自分の手で何かを作ることの充足感を知ればそれがどんなに贅沢な時間か知理解できるはず。かつては権威を表すためのイニシャル入りのベッドリネンなどを用意してお嫁入りした慣習の名残が、今でもホテルなどのロゴ入りで見つけられます。一度ステッチに興味を持つと、どこかで刺繍を見つける度、凝視してしまいそうです。

毎日寝るためのベッド(またはふとん!?)のカバーという道具が、緩やかな優しい形の小さな場所にイニシャルやデザインを入れただけで変貌する世界。日用品にエレガントさを加える効用を教えてくれたのも、優美な西洋の文化です。

アジア圏にも権威主義を示すデザインロゴがありますが、相手を威圧するような偉そうな雰囲気の男性的なデザインは何だか落ち着けないので、日常生活には優しいデザインを取り入れたい。世界の女性を魅了してきた本物の西洋芸術のデザインを知るには、生活の中の溢れたデザインを一度凝視してみるとさりげなく、しかしながら計算尽くされた理論で構成されているかに驚きます。

生活を美しく楽しい空間にするために、入り口として何か小さなモノを作ってみると豊かさの意義が変わってゆきます。布にピッタリ寄り添う品質の良い刃先、刺繍用のこのハサミですが小物作りにも大変便利です。細かい作業にお疲れの時、ふと美しいデザインが目に入ると、「丁寧に仕事をしないととても理想通りには仕上がらないわよ」と教えてくれているような気になります。:-D


人生を豊かにするために自分で何かを作るとき、こんな優れた輝くようなデザインのハサミがあれば、フランスがどんなに努力してこう言った文化を形成してきたか、歴史物語をハサミが話しかけてくれることでしょう。



商品の歴史的背景

当時の精巧に作られた真珠母貝細工は刃物屋やハサミ職人ではなく、フランスでは細工師の仕事でした。パリの職人に最初に接したのは、細工業者の家族の乳母をしていた小さな村の女性達と言われています。

ルイ16世紀の時代、幼いルイ14世が移り住みパレ・カルディナルの宮殿はロワイヤル王宮となりました。庭に面した回廊にはブティックが作られ、質の良い商品を作る職人が店を連ねます。19世紀の観光名所となったパレ・ロワイヤルでは、当時の腕の良い職人が作り上げた様々な商品が売られ、美しい小物入れもありました。

裁縫道具とは限らずに、小箱の中には職人それぞれの才能を活かして作られた真珠母貝(マザー・オブ・パール)の美しい道具が入っていました。精巧に作られた高価な道具は、世界中のコレクターから高く評価されています。



*真珠母貝を模した透明感のある持ち手は、昔の裁縫道具にあったものと同じ材質の丈夫で軽い素材で作られているので実用的です。

小さなハサミの両刃は別々に作られ、それぞれの歯に番号の刻印がされ、『上の歯と下の歯』がぴったり重なるように製作されています。大勢の「職人の手」が加わって作られ、表の刃先には「SAJOU」と刻印が入っています。タッセルまでも、MADE IN FRANCEというこだわり。サジューオリジナルのBOXにお入れしてお届けいたします。(BOX内部に、フランス語で製作過程が印刷されています。)

生産国:フランス
Size: 11,8cm.